腐男子的日常録

やりたいことだけをやる20代腐男子の日常ブログ。現在の興味は男性学です。

腐男子が初めて読んだBL漫画

前回は「初めて見たBLアニメ」を紹介したので、今回は「初めて読んだBL漫画」をば。

 

僕がはじめて読んだBL漫画は

 

「この世 異聞」

 

でした。鈴木ツタ先生の作品で、第一巻は2006年に、最終巻である第七巻は2013年に出ました。第一巻の公式のあらすじはこんな感じ。

山根昭雄の血筋は代々早死にしてしまい、親戚からは呪われた家系と忌み嫌われていた。そんなある日、昭雄が発病してしまう! 思わず、守り神を召喚した昭雄の前に現れた男は、耳と尻尾の生えた全裸男で…? 他、読み切り作品&ミニ描き下ろしを収録。

「 発病→守り神召喚」の不自然な流れに笑った記憶があります。まず病院に行きなよって思いますよね。

 

たくさんあるBL漫画の中からなぜこの作品を選んだのか。言ってしまえば、「たまたま目に入ったから」です。縁ってそういうもんですよ。

 

僕は単行本派なのですが、書店では購入しませんでしたね。今でもそうですが、電子書籍でアタリを付けてから、良いと思った作品をアマゾンで買ってます。この作品もそんな風にして買って読みました。

ホントは書店で帯の煽り文句とか見て笑いながら選びたいんですけど、いかんせん僕は男ですからね。恥ずかしいのです。選ぶ時もそうだし、レジに行く時も恥ずかしい。なので泣く泣くそうやって買ってます。女装すればいいんだろうか。

表紙の肌色率が高いものがBL界には多いですからね……。パッと見BLとは分からないものは書店で買ってますけども。

 

話を「この世 異聞」に戻します。

この作品は第三巻から主カプが変わります。あらすじに出てた山根君と全裸守り神から主役が変わるわけですね。

変わった後も守り神様系のお話なのですが、むしろこっちが「この世 異聞」の本番なのかもしれません。最終巻の第七巻までお話が続きますからね。

内容を紹介したいけど、やっぱり予備知識ないまま読むのが一番ですから、詳しくは書きません。どうぞ買って読んでいただければと思います。ただ一言いえるのは、クラヨリ様万歳ってことぐらいですね(笑)。